Recruit

社員インタビュー

クララオンラインで働くプロフェッショナルたちのインタビュー

クララオンラインに入社するまで

社会人になって最初の仕事は情報システムの管理でした。そこで新しいシステムが必要になり、開発に挑戦したことがきっかけで本格的にITの世界に入りました。
そして、SIerに。大規模な基幹システムからプラグインまで、様々なシステム開発に携わりました。そこで気がついたのは、システムは作って終わりではないということ。作った後に誰かが運用しなければ価値あるものになりません。ここから保守・運用チームを立ち上げ、アプリケーションからインフラまで様々な問題に対処することになりました。
そうすると、また悩みが出てきます。SIerがサポートできるのは自社の顧客のみだということです。より多くのお客様をサポートできるようになりたいと考えた結果が、インフラを提供するクララオンラインへの転職でした。従来のサーバホスティングサービスに加え、お客様の抱える問題へのソリューション提供を行うことで、より広範囲のお客様をサポートできる。当社に入社して6年。ようやく思い描いていた体制ができてきました。

クララオンラインで私たちが提供しているもの

数年前と比べると、インフラのバリエーションは増え、よりハイスペックなものを安価に利用できるようになりました。しかし、選択肢が多ければ多いほど何を選べばいいのかわからない、というお客様が増えているのも事実です。私たちはそのサポートをしていきたいと考えています。そして、ただ御用聞きになるのではなく、一緒に考えていきたいと思っています。
最近では、「アジアと言えばクララ」と言っていただけることも多くなりました。国が違えば当然のようにビジネス環境も違うわけですが、日本国内にいるだけでは分からないことは多くあります。私たちも実際に海外に出ていく中で様々な失敗をし、その失敗を糧にして前進してきました。アジアに出ていくことに、もう恐怖心や抵抗心はありません。当社の強みは数ある経験のうち成功した部分をお客様に提供することができるということです。アジアNo.1のインターネットサービスプラットフォームカンパニーという社是を掲げていますが、まずは当社が関わるお客様にとってNo.1の企業となるように日々邁進しています。

これからの課題

これからの当社に必要なことは、社員の意識の統一です。常にお客様の立場に立って考えること、また私たちの舞台はアジアだという意識を常に持つことの2点が必要です。問題の解決は日本だけで完結する必要はなく、もしアジアのどこかにより良いソリューションがあるのであれば、それを提供しない理由はありません。

クララオンラインに必要な人材

コミュニケーション能力の高い人を求めています。最終的に人で決まることが多くあるからです。もちろん業務経験やノウハウを多く持っているに越したことはないですが、ビジネスをするうえで相手を見て理解する力を持っていることが重要です。また、未知の世界への興味心が強い人も歓迎です。

※このインタビュー内容は2015年2月時点のものです。